受講全般

入学試験はありますか?

入学試験はありません。受講申込と受講料の納入をもって学習を始めることができます。

受講申込期日はいつですか?

毎月20日までに受講申込と受講料の納入をいただければ、翌月1日より学習を始めることができます。

年齢制限はありますか?

特に設けてはおりません。

何年間オンライン授業を視聴できますか

受講開始より1年間となります。

経験がないのですが、やっていけるでしょうか?

未経験の方を前提としたカリキュラムですので心配はいりません。犬が好きで、学びたいという気持ちが何よりも大切です。

教材はいつ届きますか?

受講料の納入が確認できましたら教材を発送いたします。早期にお申込みいただければ、事前に発送される教材に目を通すことができるなど、余裕をもって学習前の準備ができます。

受講開始後、コースを変更することはできますか?

学習の目的や志向がかわった場合は、授業期間中であっても下記の条件でコース変更を認めております。詳しくは、コース変更に伴う諸条件をご参照ください。

講師の方との個別面談は1回もないのですか?

eラーニング講座のため、講師との直接的な面談や講義はありませんが、ご不明な点やご不安なことがあれば、学習用webサイトのメール機能を利用し、いつでも質問していただくことができます。また、直接的な面談やレッスンを希望される方には、オンラインによるプライベートレッスン( オンラインLiveレッスン)をご用意しております。

受講期間の延長はできますか?

受講期間は1年間となります。また各コースとも修了期間の目安がありますが、1年の間に何らかの理由で修了ができない場合でも受講延長料(各コース共通 / 12,000円(税込))をお支払いいただくと、さらに1年間受講期間を延長することができます。

プライベートレッスンとはどのようなものですか?

担当講師からの直接的な実技レッスンを希望される方に向けて、オンラインによるプライベートレッスンをご用意しております。オンラインを利用したライブレッスンとなりますので、受講生が実際に実技をしているところを担当講師が確認し、指導してくれます。オンラインはZOOMを利用します。
プライベートレッスン料は(1,000円(税込) / 10分)となります。

キャリアデザインサポートとはどのようなサポートですか?

受講生が資格取得後、進路や開業などの不安なことに対し、担当講師が的確にアドバイスいたします。ただし、キャリアデザインサポートは、受講生へのアドバイスであり、就職や開業を保証するものではありません。

海外で学習をすることはできますか?

可能です。ただし、すべての送付物の宛先は日本国内を基本としています。海外への送付を希望する場合は別途送料をいただき手配いたしますが、送付物が届かない場でも責任を負いかねますので予めご了承ください。

受講料

受講料以外に発生する費用はありますか?

基本受講料に全て含まれていますので、受講期間中別途発生する費用はございませんのでご安心ください。環境省認定ライセンス取得対策コース(ドッグトレーナー科・トリマー科共通)を修了された方は、SAEが発行する環境省認定ライセンス取得に向けて、ライセンス試験をお好きなタイミングで受験していただくことができます。その場合は、環境省認定ライセンスに関わる費用が別途発生いたしますので、詳しくは、環境省認定ライセンスをご参照ください。

受講料はどのように支払うのですか?

指定口座への銀行振込またはクレジット決済利用のいずれかでのお支払いとなります。

受講料の分納はできますか?

分納はできませんが、クレジットカードの分割払いがあります。詳しくはお手持ちのクレジットカード会社へお問合せください。

1年間で修了できない場合、どうなりますか?

受講期間の1年間で修了できず、学習を継続したい場合は、授業の延長料をお支払いいただき、継続することができます。詳しくは事務局へお問い合わせください。

教材・機材等

テキスト代等の教材費はかかりますか?

別途かかりません。全て受講料に含まれておりますのでご安心ください。

テキストはどのように手元に届きますか?

レターパックまたは宅配便にて郵送いたします。

パソコンを用意する必要がありますか?

全ての学科・コースでは、学習用Webサイト「Google Classroom」を利用して学習しますので、インターネット接続環境が整ったパソコン、スマートフォン、タブレット等の機材が必要となりご自身で準備の方をお願いします。

パソコン等について、どの程度の操作能力が必要ですか?

文字入力やファイルのアップロード、インターネット閲覧等、基本的な操作ができれば問題ありません。入学後、本学学習システム利用に関する基本的な操作方法に関し不明な点があれば、担当の講師が説明する機会を設けます。

学習方法

どのように学習を進めていくのですか?

学習の流れは大きく以下の通りです。何れの流れでも履修できるよう計画されていますので、お好みのスタイルに合わせ学習を始めてください。

①科目順に学習を始める。
②興味のある科目から学習を始める。

また、学習を進めていく中で疑問、相談などあれば、いつでも学習用Webサイトを介し、講師へご連絡ください。皆様の不安など全力をもって解消していきます。

カリキュラムはどのような仕組みになっていますか?

詳しくは、学科・コースをご参照ください。また、更に詳しい内容をお聞きになりたい場合は、担当講師からご連絡させていただくことも可能です。

各章毎にテストのようなものはあるのですか?

受講生の学習を確かなものにするために各章毎に確認テストが用意されています。確認テストは5問前後で構成されており、解答と同時にその場で合否が分かります。仮に不合格となった場合でも再テストできますので、受講生が理解できるまで確認テストに挑戦できます。

修了するまでにどれくらいのペースで学習すればよいのですか?

各コース1年間の受講期間を設けており、卒業するまでの目安期間は下記の通りですが、ご自身の学習ペースによって卒業までの期間は長短します。

ドッグトレーナーコース

□環境省認定家庭犬訓練ライセンス取得対策講座
6ヶ月

□SAE認定犬の在宅トレーナー講座
3ヶ月

トリマーコース

※開講準備中

修了までに実技試験はありますか?

対面での実技試験はありませんが、試験課題を受講生ご自身で撮影いただき、学習用webサイトの機能を利用の上、課題提出をしていただく試験はあります。その撮影内容を担当講師が採点し、後日、合否をお知らせいたします。採点にかかる時間ですが、ご提出いただいてから営業日5日以内に結果をご通知いたします。

分からないことがある時はどうしたらよいのですか?

学習用Webサイトから随時質問していただくことができます。分からないことがあればいつでもお問合せください。

課題や修了試験が不合格となることもあるのでしょうか?

課題に的確に解答していなかったり、内容に不備があったりした場合は、不合格となり、再提出となります。また、修了試験におきまして不合格となった場合は、再受験(追試験受験)が必要となります。

ドッグトレーナーコース

受講するにあたって犬は必須ですか?

犬は必須となります。現在犬を飼われていない方でもご実家や友人から犬を借りて受講することは可能ですが、受講修了まで同じ犬で受講していただくことが条件となります。

受講するにあたって犬の年齢制限はありますか?

犬の反抗期とも呼ばれる生後8ヶ月ごろを過ぎる、概ね9ヶ月以降の犬との受講が望ましいです。
シニア犬でも時間をかければ新しいトレーニングを覚えることは可能ですが、健康状態等にもよりますので、10歳以上のシニア犬での受講を希望される場合には事前にご相談下さい。

カラー、リードは教材として支給されるものを使用することが必須ですか?

教材として支給されるカラー、リードをご使用ください。なぜならば、トレーニングが始まることを犬に伝え、犬自身の気持ちのスイッチを切り替えるためです。

実技試験を自分自身で撮影し提出するということですが、どのようにすればよいですか?

初級のコースはI字です。屋内もしくは屋外で、テープなどを使用してI字のコースを用意してください。
規定は5mです。もし5mが難しい場合にはご相談下さい。
撮影方法ですが、スワレやフセなどの課目を1つずつ個別に撮影し、メールなどに添付の上ご送付ください。

各講座の技術レベルはどこまでか?

【SAE認定犬の在宅トレーナー講座】
学科では、犬を理解することに焦点をあて、飼い主が知っておくべき法律や、衛生看護について学びます。
実技では、トイレトレーニングなどのマナーを身につけるトレーニングを基本として、家庭犬に最低限必要となるスワレやオイデを学びます。

【環境省認定 家庭犬訓練士ライセンス取得対策講座】
学科では、犬を理解するための基礎を学びつつ、プロとなった時に飼い主からの疑問に応えられるよう、法律や寄生虫についてなど幅広い知識を学びます。
実技では、ライセンス取得に必要な6つの項目を学び、習得を目指します。
この6つは、家庭犬に求められる基本のトレーニングである、「スワレ・フセ・スワレマテ・フセマテ・オイデ・アトヘ」です。この実技を学ぶ中で、リードに頼らない犬のコントロール技術などを習得します。

その他

動物取扱責任者選任要件の実務経験について

環境省認定ライセンス取得対策コースでは、講座修了後に一般社団法人 全日本動物専門教育協会が実施する環境省認定ライセンス試験を受験いただくことができ、合格されると動物取扱責任者の選任要件のひとつであるライセンスを取得することができます。
ただし、動物取扱責任者の登録をされる場合は、そのライセンス保有に加え、第一種動物取扱業者で6ヶ月以上の実務経験が必要となりますので、ご自身で実務経験を積んでいただくことになります。ペットe-カレッジの環境省認定ライセンス取得対策コースでは、ライセンス取得に向けた学習を目的とした講座となります。