ドッグトレーナー科
環境省認定 家庭犬訓練士ライセンス取得対策コース 概要

環境省認定 家庭犬訓練士ライセンス取得対策コースでは、プロとして活躍できるための、知識と技能を身につけていくと同時に、環境省認定 家庭犬訓練士の初級ライセンス取得に向けた試験対策を学習し、自信をもって環境省認定ライセンス試験を受験できるよう講師陣が全面バックアップしていきます。

学びのポイント

ポイント1

「イヌ」という動物を徹底的に理解する

イヌを正しく飼うためには、イヌという動物を理解しなくてはいけません。なぜそのような行動をとるのか、人との生活の中で生まれる齟齬をどのように理解すればいいのかを知ることで、人にとってもイヌにとっても無理のない生活スタイルが構築できます。

ポイント2

トレーニングの基礎がわかる

人と一緒に暮らす上で身に付けておいた方がよいトレーニングを厳選して学ぶことが出来ます。日常生活から災害時を想定した内容まで網羅しており、いざという時に役立ちます。

ポイント3

飼い主として洗練された振る舞いを身に付ける

自分が飼っている愛犬が、社会から受け入れられるかどうかは、飼い主の行動にかかっているといっても過言ではありません。飼い主として守らなければいけないルールや、犬が苦手、嫌いという人たちからも一目置かれるような振る舞いを学ぶことで、多様性社会でより気持ちよく共生できるようになります。

ポイント4

飼い犬との関係に悩む飼い主へアドバイスができるようになる

イヌを理解し、様々なトレーニング技術を学ぶことで、自らの愛犬との関係性を見つめなおすと同時に、同じように愛犬との関係性に悩んでいる飼い主に寄り添い解決に導くためには、飼い主の話から必要なことを聞き取る傾聴ポイント、問題がどこにあるのかを的確に見定める観察力、相手にわかりやすく伝えるためのポイントなどを学びます。

カリキュラムと学習の目安時間

科目名 科目内容 学習時間
(目安)
専門基礎学 行動学 犬の習性、行動、歴史、また人との関係性などを学ぶ。 45時間
動物法令学 動物に関わるうえで必要な法律について学ぶ。 6時間
犬種学 犬種図鑑をもとに、様々な犬種について学ぶ。 4時間
衛生看護学 ズーノーシスについて、寄生虫、TPR、ワクチンなど、看護の基礎を学ぶ。 8時間
専門実技 トレーニング実技 ライセンス取得に必要なトレーニング技術を身につける。 130時間
美容学・美容実技 最低限のグルーミング方法と口腔ケアについて学ぶ。 15時間

合計時間:208時間

▲スマートフォンで閲覧の場合は横にスクロールできます。

受講にあたって

受講にあたって、パートナー犬(生体)が必須となります。
トレーニング実技は定められた課目(フセ・マテなど)を動画で提出いただきますが、受講者ご自身の修得度合いに加え、パートナー犬の成長も評価します。
パートナー犬と一緒に学び、成長を実感いただけるよう、講師がきめ細かいアドバイスとチェックをしていきます。
コースの修了試験、家庭犬訓練士ライセンス実技試験も、一緒に受講してきたパートナー犬と臨んでいただきます。

教材

  • 一般社団法人 全日本動物専門教育協会(SAE)発行 ドッグトレーニングテキスト
  • 副教材(2種類)
    ■最新犬種図鑑
    ■ビジュアルマスター最新くわしい犬学
     
  • 受験対策問題集
  • 実習教材
    ■カラー&リード
    ■美容道具一式

※カラー、リード、美容道具一式は、色やサイズ、形など、一部現物と異なる場合があります。
また、美容道具は犬種によって講師が選定させて頂く場合があります。

学習方法

オンラインでの学習のため、インターネット環境があれば、いつでもどこでも学習でき、動画視聴、課題提出等オンラインで行うことができます。
詳しくは下記ページをご覧ください。

ペットe-カレッジの学び方

ドッグトレーナー科 講師

ひとりひとりに受講生に専属の講師がつき、皆様の学習が修了するまでしっかりとサポートしていきます。
詳しくは下記ページをご覧ください。

ドッグトレーナー科 主任講師のご紹介